スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ


ポータブル地デジプレーヤー

パナソニックからブルーレイディスクプレーヤーを搭載したポータブル地上デジタルテレビ(DMP-BV100)が発売された。

ポータブルの地デジプレーヤーってなかったから、こんなプレーヤーが出てくるとうれしい。

もっとうれしいことに再生可能なメディアがDMR-BW930と一緒でブルーレイはもちろん、AVCHDも再生可能だということ。車の中に持っていけば、地デジを見たり市販の映画、録画した番組といろいろ再生できるので飽きることがなさそう。

これからGWを迎えるけど、今年は高速道路が例年以上に渋滞しそうだから、車で遠くに出かける人はほしいだろうな。

ちなみ電源はACとリチウムイオンバッテリーでバッテリーは明るさをデフォルトにした場合、2時間15分。もうちょっと長く再生できるとよかったな。

LAN端子も備えているので、DLNA対応でDMR-BW930に録画された番組を別のところから再生することができたり、YouTubeの映像も見ることができる。ただ、有線LANのみというのが中途半端な気もする。できればポータブルと謳っているので無線LANも備えてほしかった。

例えばベッドに入って録画番組を見たり、音楽を聴いたりしたいと思っても有線だといちいちケーブルをつながなくてはならないので、これって意外と面倒だと思う。

イーサネットコンバーター使えば無線にするけど、小型タイプはPLANEXのこれぐらいかな。

できればUSBに差し込むスティック型無線子機がほしいところだけど、ないんだよなー。そういう意味で無線LANも備えてほしかった。

大画面のテレビはいらないという人であれば、これで済ますというのもありかな。画面サイズを犠牲にする分、どこへでも持っていけるしね。(ただ、防水機能はないのでお風呂にはもっていけない。)

番組を録画したくなったらDLNA機能付きのHDDレコーダー買っちゃえばいいし。DMP-BV100にはコンポジット端子が備わっているのでレコーダーのセッティングは可能で普段の予約はDIMORAなどのリモート予約を活用すればOK。

今、CLUB Panasonicではこれのモニター販売を実施中。入札の価格帯は約6万円から約9万円の間。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : AV機器 | Theme : デジタル家電・AV機器 | Genre : 趣味・実用


ビエラリンクって意外と複雑だな

TVとブルーレイディスクレコーダーがともにPanasonicなので、ビエラリンクを使用しているけどこれって予想以上に複雑。

ビエラリンクは機器間を連動させることで、より便利にする機能。だが、ビエラリンクのバージョンで使える機能に差があっていまだに理解できていない。

TVは2006年、ブルーレイディスクレコーダーは2009年(販売は2008年)にそれぞれ買ったけど、バージョンが違うせいでフル機能は使えないのはわかったがどれが使えるのか説明書を読んでもわからない。

と思ったら、Panasonicのサイトで紹介していました。(ここ

たぶんテレビビエラリンクバージョン(2008年現在、ver1-3まである)が低いせいだろう。試しにほかの新しいテレビで確認してみたら、ちょっと増えている。うーん、もっとできる機能が増えていると思ったけどそれほど増えていないな。

これにシアターを加えてみたら、当たり前だけどさらに増えた。けど、私の脳みそが追いつかない!!

現在のところ、「録画一覧」ボタンを押すことでテレビの電源スイッチオン、DIGAのスイッチオン、外部入力(テレビ)に切り替え、録画一覧の表示ができ、これで満足している。
人気ブログランキングへ
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : AV機器 | Theme : デジタル家電・AV機器 | Genre : 趣味・実用


4月に開始されるアニメ

前回、新番組おまかせ録画機能で予約件数がMAX(16件)になったことを書いた。

それもそのはず、ASCII.jpで4月から開始するアニメがたくさん紹介されている。

2009年4月に開始されるアニメを確認したい方はASCII.jpの特集記事

人気ブログランキングへ
TrackBack : 0
Comment : 0


テレビ経由のアンプ出力はダメ

BW930を設置するときに最初は、BW930→HDMI→TV→光デジタル→AVアンプで接続すればいいと考えていた。こうすればレコーダーとテレビはAVアンプへ1本の接続で済むからだ。

だけど、レコーダーから再生したものはすべて2chで再生されてしまう。どうやらテレビを介すとダメみたい。後日、取説をしっかりと読んだところ、HDMI接続でテレビに接続するとダウンミックス(つまり5.1chなどのサラウンドが2chになる)されるとのこと。

これではPS2でDVDを再生していたときよりもAVライフを満喫できなくなってしまう。

ということで、BW930とTVはそれぞれ直接AVアンプに接続することにした。これでどちらもサラウンドで出力することができた。

ちょっと意外だったのが、音声がHDMIと光デジタルの両方に出力されるということ。このおかげでステレオ放送の番組は、アンプをオフにしたままでテレビのスピーカーで聞ける。逆にサラウンド放送で聞くときにはテレビの音量を最小にするという作業が発生する。

ミュートボタンでボタン一発でミュートにすることができるけど、うちのテレビはミュートの間、ずっとミュートの表示が出てしまいうっとうしい。ということで毎回ボリュームを最小にしている。

個人的には、AVアンプの電源が入っていたらHDMIへの音声出力を止めてほしいけど、光デジタルにそんな機能(仕様)はないから無理か~。

手動でHDMIの音声出力はカットできるのに・・・。


DIGA BWシリーズの価格状況

人気ブログランキングへ
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : AV機器 | Theme : デジタル家電・AV機器 | Genre : 趣味・実用


ブログ内を検索

カテゴリ

キーワード

DIGA BW930 ブルーレイ Panasonic テレビ アップデート DIMORA 地上デジタル 新番組おまかせ録画 スカパー アクトビラ スターチャンネル ビエラリンク WOWOW 新製品 アンプ ビデオカメラ 

リンク

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © DIGAとその仲間たち All Rights reserved  /   まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。